教科書を使うコツ

教科書を使うコツ

取説を確認・熟読しよう

  • 教科書の多くは冒頭部分でその意図を含めて、構成と扱っている内容、この教科書ならではの工夫などを解説することが多い。
  • 構成や工夫を有効活用できるかが教科書を使えるかどうかを左右する。

教科書独自の工夫を活用しよう

  • 多くの知識・情報を盛り込んだ大部な教科書ほど、各章のはじめや終わりにその章学ぶ内容や新用語・概念をまとめていたり、章末に確認問題などの学習者が知識を確認できるしかけを用意している
  • これらを利用すれば、概要だけを短時間で追いかけられる

おすすめ教科書

英語の大学教科書の翻訳版

日本の大学教科書

  • 以下が初心者にも優しくておすすめ
    • 「やわらかアカデミズム」シリーズ
    • 有斐閣アルマ」シリーズ
    • 「学ぶ人のために」シリーズ

教科書の使い方

事典として教科書を使う

  • わからない単語や知りたい単語を索引から引いて参考にしてみる方法。

入門書として教科書を使う

  • 教科書は初学者にとって必要最低限の知識がわかりやすくまとまっている。入門書として教科書は最適。###

書誌として教科書を使う

  • 教科書は参考文献の情報も充実している。次読む本は何かを探す際の手がかりにもなる。

教科書を入門書として読む場合の注意点

  • 教科書は全文を読み通すことが比較的難しい。
    • ビジネス書などの体裁をとった入門書と違い、読者が楽しく読み通せるような仕掛けが少ないことが多い。
  • 教科書を入門書として読む場合、すべて読もうと思ってはいけない。
    • まずはざっと流し見て、どこが大切なのかを見極める。
    • 大切なところだけしっかりと読み、それ以外の場所は読み飛ばす。ななめ読みするで良い。

参考文献:

独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

手を動かすのは最後で良い

手を動かしてから考えろ!考える前に手を動かせ!そんな風に言われることがあります。
しかし、本当にそうでしょうか?
頭の中で何の計画もないまま、無意味に作業をしても、その作業は効率の悪いものだったり、無意味なものになってしまったりします。だからこそ、目標達成までの道のりをある程度描いてから作業を始めると言うことが重要だと思うのです。

頭の中で成功までのロードマップを描き、目標達成までに必要になる資源・乗り越えるべき課題などを明確にしてから、作業に入る必要があります。

自己限定という落とし穴――野村 克也著「野村再生工場――叱り方、褒め方、教え方」より

「 自 分 の 力 は こ ん な も の で す 」   ほ と ん ど の 選 手 が そ う 思 っ て い る 。 言 葉 を 換 え れ ば 、 い わ れ な き 自 己 限 定 を し て い る の で あ る 。

野村 克也著. 野村再生工場――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21) (Kindle の位置No.1016-1017). 角川書店. Kindle 版.


「自分はこんなもの」という自己限定が自分の可能性を狭めてしまう。可能性が狭まれば、成長も望めない。これが名将、野村克也氏の考え方だ。

たしかに、私自身も自己限定をしてしまう場面は多い。

どうしても絵心がない、算数・数学が苦手でできない、大人数の飲み会は嫌い…。いつのまにやら、できない・嫌いと挑戦を辞めてしまっていることは数知れずある。

辞めることは簡単だ。挑戦して失敗することによる無駄な労力も使わない。でもだからこそ、新しい可能性を見失ってしまっているのではなかろうか。

 どうしても書けない絵を描くプロセスの中に、自分にはないクリエイティビティが潜んでいるかもしれない。苦手な数学に挑戦すれば、自分の得意分野をさらに伸ばせるようになるかもしれない。大人数の飲み会に嫌な顔をせずに参加できれば、思いがけないチャンスが転がっているかもしれない。

 いつも避けているものだからこそ、新たな可能性を発見できるチャンスがある。自己限定をしない毎日を送りたい。

自己限定しないということは、自分にとって難しいことでもひるまずチャレンジするということだ。